週間天気 寒暖差大きく服装選びに注意

tenki.jp
7日の立冬から暦の上では冬に突入。このところ、日中は日差しが出るとぽかぽか陽気で上着いらず、でも朝晩は冷え込んで薄手のコートでもブルブル・・と日々の服装に悩みましたが、この先も、服装選びには悩まされそうです。

あすの天気

あす8日(水)は日本付近を気圧の谷が通過するでしょう。
<各地の天気>
沖縄と九州から近畿は朝は広く雨で、九州南部は雷を伴い激しく降る所がある見込みです。北陸や東海は雨が降ったりやんだりでしょう。関東は昼頃まで所々でにわか雨がある見込みです。東北と北海道は昼頃から雨で、局地的に雷を伴うでしょう。最高気温はきょう7日(火)と同じくらいの所が多いですが、日差しがない所では、空気がひんやりと感じられそうです。

あさって以降の週間天気

あさって9日(木)は冬型の気圧配置となり、北日本では雨や雪。最高気温は前日よりも下がる所が多く、北海道や東北、北陸などでは特に大幅に気温が下がるでしょう。北海道では前日より10度前後下がり、最高気温も10度に届かない所が多い見込みです。東日本や西日本は晴れる所が多く、再びぽかぽか陽気と言いたい所ですが、北風が強まり、空気は冷たいでしょう。風を通さないようなコートが良さそうです。
10日(金)は、晴れ間の出る所が多くなるでしょう。風もおさまり、全国的にこの時期らしい気温で、過ごしやすくなりそうです。ただ、天気は下り坂で11日(土)は低気圧が発達しながら北海道付近を通過するでしょう。広い範囲で天気が崩れ、雨でひんやりしそうです。
12日(日)には再び冬型の気圧配置に。北海道と東北の日本海側や北陸を中心に雨が降り、北海道と、東北、関東、北陸の標高の高い所では雪となる所もあるでしょう。気温はさらに下がり、各地で11月中旬から下旬並みの寒さ。北海道では5度に届かずマフラーや手袋などのしっかりとした防寒対策が必要です。東北でも10度に届かない所があり、北陸や東海、近畿などでは師走並みの気温の所もあるでしょう。ダウンなど厚手のコートの出番となりそうです。本州の太平洋側では晴れる所が多いですが、週末にかけてぐっと気温が下がりそうです。この一週間は、上手に服装選びをして、体調を崩さないようにお過ごしください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック