週間天気 短い周期で変化 冬へ近づく 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

週間天気 短い周期で変化 冬へ近づく

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

この先一週間は短い周期で天気が変わるでしょう。晴れる日もありますが、水曜日と土曜日頃は発達する低気圧の影響で北日本を中心に荒れた天気となりそうです。

あすの天気

あす7日は「立冬」。日本付近は引き続き高気圧に覆われますが、東北北部は気圧の谷の影響を受ける見込みです。また夜には大陸から東シナ海に前線が延びるでしょう。
<各地の天気>
九州南部は雲が多く、夜に雨が降るでしょう。九州北部と中国や四国も次第に雲が増えそうです。近畿から東北南部は日中は晴れる所が多いでしょう。東北北部は曇りや雨となりそうです。北海道と沖縄も大体晴れる見込みです。

あさって以降の週間天気

この先、晴れの天気は長続きしません。北日本を中心に短い周期で天気が変わるでしょう。
【8日】
低気圧が発達しながら北海道付近に進むでしょう。また日本の南の海上には前線を伴った低気圧が発生するため、全国的に雲が多く、雨の降る所が多い見込みです。北日本では荒れた天気になる所もありそうです。
【9日】日本付近は冬型の気圧配置になる見込みです。夜にかけて北日本や東日本の日本海側は雨や雪となるでしょう。本州付近は高気圧に覆われて、再び晴れる所が多くなりそうです。
【10日~11日】
10日には低気圧がオホーツク海付近に進み、11日にかけて本州付近を前線が通過するでしょう。北日本を中心に荒れた天気になりそうです。前線通過後は、日本付近は冬型の気圧配置になり、北日本中心に雨や雪となるでしょう。一方、九州や四国では晴れ間もありそうです。
【12日~13日】
次第に冬型の気圧配置は緩みますが、北日本や東日本の日本海側では寒気の影響が残るでしょう。雨や雪の降る所がありそうです。一方、本州付近は高気圧に覆われて晴れる所がありますが、西日本や東日本の太平洋側では湿った空気や気圧の谷の影響で雲が広がりやすい見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい