台風22号 東日本に上陸の可能性も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風22号 東日本に上陸の可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
台風22号 東日本に上陸の可能性も

台風22号 東日本に上陸の可能性も

これまでの予想よりも北側を通る予想に変わり、東日本に上陸の可能性。九州から関東の太平洋側を中心に荒天の恐れ。

各地の大雨と暴風のピークは??

台風22号は29日(日)の午前1時現在、屋久島の南南西およそ100キロ付近を時速30キロの速さで北東へ進んでいるものと推定されます。屋久島は風速25メートル以上の暴風域に入っています。
台風はこれまでの予想よりも北側のコースを通る予想に変わってきたため、東日本に上陸する可能性が出てきました。
29日(日)は九州から関東にかけて、太平洋側を中心に大雨や暴風に警戒が必要です。そして30日(月)は東北や北海道でも影響が出る可能性があります。今後も最新の情報でご確認ください。
【各地の大雨と暴風の警戒期間~お住まいの地域、お出かけ先の地域の情報をご確認ください】
①沖縄
大雨のピークは過ぎましたが、29日(日)も風の強い状態が続き、予想される最大瞬間風速は30~35メートルです。また、昼頃まではウネリを伴った7メートル前後の高波が予想されています。警戒してください。
②奄美・九州南部
台風は29日(日)の明け方に奄美地方を北上し、朝にかけて九州南部にかなり接近する恐れがあります。大雨のピークは29日(日)の朝にかけてで、局地的に1時間に80ミリの猛烈な雨が降る恐れがあります。暴風と高波のピークは昼過ぎにかけてで、予想される最大瞬間風速は35メートルから45メートル、波の高さは7~8メートルです。
③九州北部
台風は29日(日)の明け方から昼前にかけて九州北部に最も近づく見通しです。大雨のピークは(大分県を中心に)29日(日)の未明から朝にかけてで、局地的に1時間に30ミリの激しい雨が降るでしょう。暴風と高波のピークは未明から夕方にかけてで、予想される最大瞬間風速は25メートルから30メートル、波の高さは4メートル前後です。
④四国
台風周辺の湿った空気が流れ込み、四国の南海上に停滞している前線の活動が活発になるでしょう。大雨のピークは(太平洋側を中心に)29日(日)の朝から夕方にかけてで、局地的に1時間に40ミリの激しい雨が降るでしょう。暴風と高波のピークは昼前から夜のはじめ頃にかけてで、予想される最大瞬間風速は25メートルから30メートル、波の高さは(太平洋側で)6メートルです。
⑤近畿
台風は29日(日)の昼過ぎから夕方に近畿に最も近づく見通しです。大雨のピークは(近畿南部を中心に)昼前から夜の初め頃にかけてで、局地的に1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る恐れがあります。暴風と高波のピークは昼過ぎから夜遅くにかけてで、予想される最大瞬間風速は25メートルから30メートル、波の高さは(近畿南部で)6メートルです。
⑥東海
台風は29日(日)の夕方から夜遅くに東海に最も近づく見通しです。前線や湿った空気の影響で台風が近づく前、朝から雨脚の強まる所があるでしょう。大雨のピークは29日(日)の夕方から夜遅くで、局地的に1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る恐れがあります。暴風と高波のピークは夜の初め頃から30日(月)の朝にかけてで、予想される最大瞬間風速は25メートルから30メートル、波の高さは5メートルから6メートルです。
⑦関東
台風は29日(日)の夜遅くから30日(月)の未明にかけて関東に最も近づく見通しです。前線や湿った空気の影響で、台風が近づく前、朝から雨脚の強まる所があるでしょう。局地的に1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るでしょう。そして台風の接近に伴い大雨のピークの夜遅くからは局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る恐れがあります。暴風と高波のピークは夜遅くから30日(月)の朝にかけてで、予想される最大瞬間風速は(関東南部の沿岸の地域を中心に)30メートルから35メートル、波の高さは5メートル前後です。
なお、前回の台風21号の大雨で被害が大きかった地域では土砂災害にいっそうの警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい