台風 日曜日は西・東日本で大荒れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風 日曜日は西・東日本で大荒れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

台風22号は、日曜日はスピードアップ。九州から関東まで太平洋側は大雨や暴風、高波に警戒を。

南西諸島は朝まで大荒れ

28日(土)、午後2時前に沖縄本島を通過した台風22号は、南西諸島を北上中。南西諸島は、29日(日)の朝にかけて、滝のような雨が降り、局地的には猛烈な雨となるでしょう。また、暴風が吹き荒れ、夕方にかけて海は大しけです。

西・東日本の太平洋側 大雨や暴風などに警戒

台風は次第に進路を東よりに変え、スピードを速めながら本州の南の海上を東北東へ進む見込みです。九州から関東まで太平洋側は非常に強い風が吹き、雨脚も強まって、荒れた天気になりそうです。前回の台風21号では、特に紀伊半島付近でかなりの雨量となりました。台風22号の接近で、少しの雨でも土砂災害が発生しやすい状況ですので、厳重に警戒してください。台風は、日曜日夜遅くから月曜日の未明には、関東地方へ最も近づきそうです。今回の台風がどこかに上陸となれば、過去2番目に遅い上陸になります(最も遅いのは1990年の台風28号で、11月30日です)。

雨量、風の強さ、波の高さ

29日(日)、午後6時までに予想される雨量、最大風速、波の高さは次の通りです。
雨量(多い所で):
九州南部250ミリ、奄美、近畿200ミリ、九州北部、四国、東海、伊豆諸島150ミリ、関東120ミリ。
最大風速(カッコ内は最大瞬間風速):
沖縄、九州南部、奄美30メートル(45メートル)、
伊豆諸島25メートル(35メートル)、近畿、東海、四国23メートル(35メートル)。
波の高さ:沖縄、九州南部、奄美 8メートル、四国、近畿、東海、伊豆諸島6メートル。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい