週間天気 台風21号や前線に要注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 台風21号や前線に要注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

この先も、関東から西では曇りや雨の日が多いでしょう。また、台風21号や前線の影響で、週末以降は大雨や荒れた天気に注意が必要です。

あすの天気

前線が陸地から少し遠ざかり、次第に雨のやむ所が多くなるでしょう。関東は冬のような寒さからは解放される見込みです。また、台風21号の北上に伴い、沖縄では強風や高波に注意が必要です。
【各地の天気(西から)】
沖縄は、午前中は日差しがありますが、午後は雲が多くなり、雨の降る所があるでしょう。台風21号の北上に伴い風が強まり、波も高くなりそうです。海は大しけとなるでしょう。海岸には近づかないようにして下さい。九州から東海、北陸は朝まで雨の所がありますが、日中は天気が回復。西日本では雲が多めながらも所々で晴れ間が出るでしょう。関東や東北南部は、昼頃にかけて雨が降る見込みです。東北北部は昼前から所々で雨でしょう。北海道は広く晴れる見込みです。気温はきょうより高い所が多く、関東は冬のような寒さからは解放されそうです。ただ、それでも平年を下回り、東京の最高気温は16度の予想です。

あさって以降の週間天気

関東から西では23日(月)にかけて引き続き曇りや雨の日が多いでしょう。そしてこの先は台風21号に注意。台風周辺の湿った空気の影響で日本の南の海上にある前線の活動が活発になるため、台風接近前の22日(日)頃から広い範囲で大雨に注意が必要です。そして予想進路を見ると、23日(月)から24日(火)にかけては日本列島に接近または上陸するおそれがあります。最新の情報に注意をして、今のうちに飛ばされやすいものは片付けておいたり非常用品を用意するなど、台風が近づく前から早めに備えておきましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい