関東は 晴れ間つかの間 雨冷に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

関東は 晴れ間つかの間 雨冷に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

17日、関東は天気が回復へ。でも晴れ間はつかの間。18日は早くも下り坂で、19日は雨冷(あまびえ)になりそう。

雨冷(あまびえ)とは

秋の季語で、雨が降って冷気を覚えることです。17日(月)の関東はまさに「雨冷」。シトシトと雨が降り続き、昼間は初冬の頃の寒さとなりました。

束の間の晴れ間

17日(火)は、秋雨前線が関東の南に下がるため、北から天気が回復へ向います。朝は雨でも、昼頃からは日差しや晴れ間の出る所があるでしょう。
ただ、この晴れ間も長くは続きません。前線がふたたび関東の南岸まで近づいて停滞するでしょう。このため、早くも天気は下り坂。18日(水)の夜には関東は広く雨となり、19日(木)にかけて、沿岸の地域を中心に本降りとなる所もあるでしょう。
また、台風21号が勢力を強めながら北上し、週末になると台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。前線活動が活発になり、台風から離れた関東でも大雨になることもあるかもしれません。今後の最新情報に十分ご注意ください。

19日(木)はふたたび雨冷に

晴れ間の出る17日(火)と18日(水)は、16日(月)よりも気温が高くなり、少しだけ寒さが和らぎそうです。
19日(木)はふたたび雨冷となるでしょう。予想最高気温は、東京都心は13度で11月下旬並み、宇都宮は12度で12月上旬並みの寒さ。また朝晩は10度くらいまで下がり、10度を下回る所もありそうです。お出かけの際は、冬のコートを用意するなど、寒さ対策を忘れずになさってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい