九州 6日(金)は大雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 6日(金)は大雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

きょう4日(水)は、大陸から乾いた高気圧が張り出し、九州北部を中心に晴れました。ただ、あす5日(木)は宮崎県など太平洋側から雨が降りだし、6日(金)は九州各地で大雨となる恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに十分な注意が必要です。

あす5日(木)は太平洋側から雨に

あす5日(木)は、移動性高気圧が本州付近を東へ進み、九州は高気圧の周辺部となります。湿った南東の風が次第に強まり、宮崎県や大分県など太平洋側は午後は次第に雨が降りだし、その他の各地も夜には雨となるでしょう。お出掛けの際は、傘など雨具を忘れずにお持ちください。

6日(金)は大雨のおそれ

そして、あさって6日(金)は、東シナ海に延びる前線上に低気圧が発生し、対馬海峡付近を通過します。低気圧の接近に伴い、湿った南西風の影響も加わるため、九州の広い範囲で大気の状態が不安定になるでしょう。雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに十分な注意が必要です。また、風も強まり、波が高くなりますので、強風と高波にも十分な注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい