九州 2018年春の花粉飛散予測

2017/10/03 18:00

九州の2018年春のスギ・ヒノキ科花粉飛散量は、「例年並み」か「例年よりやや多くなる」見込みです。花粉症の方は来年春も十分な対策が必要です。

2018年春の花粉飛散量 2018年春のスギ・ヒノキ科花粉の飛散量は、大分県・熊本県・宮崎県は「例年よりやや多い」、福岡県・佐賀県・長崎県・鹿児島県は「例年並み」の見込みです。 例年より花粉飛散量が多かったことしの春に比べると、2018年春は飛散量が少なくなるところが多いと予想されますのが、それでも花粉症の方は十分な対策が必要となりそうです。 この夏の天候と花粉飛散量の関係 一般に、夏に晴れて暑い日が多いと、その翌年の春に花粉飛散量が多くなる傾向があります。これは、花粉を飛ばす雄花のもととなる花芽が夏に形成されるためです。九州では、ことしの夏は、梅雨明けが早く、その後は気温が高く暑い夏となりました。このため、花芽が例年並み以上に形成されているものと考えられ、2018年春の花粉の飛散量も「例年並み」あるいは「例年よりやや多い」と予想されます。

あわせて読みたい

  • 2019年春の花粉飛散予測 第1報

    2019年春の花粉飛散予測 第1報

    tenki.jp

    10/4

    日本気象協会 2019花粉飛散予測 3報

    日本気象協会 2019花粉飛散予測 3報

    tenki.jp

    1/17

  • 2018年春の花粉飛散予測 第1報

    2018年春の花粉飛散予測 第1報

    tenki.jp

    10/3

    日本気象協会の花粉予測 多い所とピークは

    日本気象協会の花粉予測 多い所とピークは

    tenki.jp

    2/14

  • 日本気象協会 2022年春の花粉飛散予測 第1報発表

    日本気象協会 2022年春の花粉飛散予測 第1報発表

    tenki.jp

    10/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す