週間天気 一段と涼しく 寒暖差大きい 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 一段と涼しく 寒暖差大きい

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

この1週間は寒暖の差が大きくなりそうです。3日(火)に寒冷前線が通過した後は北日本に一段と強い寒気が南下し、4日(水)から6日(金)にかけて最高気温は平年よりも低くなるでしょう。早めに秋物の長袖や上着などを準備しておいたほうが良さそうです。

あすの天気

あす3日(火)にかけて、低気圧から延びる寒冷前線が北日本を通過する見込みです。寒冷前線が通過した後は、北日本の上空1500メートル付近に0度から氷点下3度の一段と強い寒気が南下する見込みです。一方、九州付近の前線はゆっくり南下するでしょう。
<各地の天気>
九州から東海は朝まで雨の所が多く、局地的に雷を伴ったり、激しく降りそうです。次第に雨はやみ、晴れ間が出る所もあるでしょう。関東は朝晩を中心に雨が降る見込みです。東北は午前中に雨の降る所があり、雷雨となることもあるでしょう。北海道は晴れ間の出る所もありますが、日本海側では午後は雨が降ったりやんだりする見込みです。
日中の最高気温は、北海道ではきょうよりも気温が一気に下がり、平年よりも5度ほど低くなる所があるでしょう。関東から九州はきょうと同じくらいかやや高くなる予想です。

あさって以降の天気

あさって4日(水)にかけて強い寒気の流れ込みが続き、北日本の峠では雪となる所もありそうです。冬用のタイヤに変えておいた方が安心です。北海道は次第に天気が回復して、しばらく晴れる日が続きそうです。東北から九州にかけては低気圧や前線の影響で西から天気が下り坂。7日(土)にかけて雨が降るでしょう。8日には天気が回復して、全国的に晴れる所が多くなりそうです。沖縄は10月になってもまだしばらく夏の陽気が続くでしょう。
北海道から九州にかけて、4日(水)には気温がぐんと下がり、最高気温、最低気温は6日(金)頃にかけて平年よりも低くなるでしょう。東京では5日(木)には朝の最低気温が15度を下回り、6日(金)には日中も20度に届かず、11月並みの気温になりそうです。一気に季節が進むでしょう。週の初めは、日中は半袖でも過ごせる所が多いですが、週の中頃には長袖や上着が必須になるでしょう。まだ用意していない方は、早めに秋物のコートや長袖の用意をして、急な寒さに備えたほうが良さそうです。ただ、これも一時的で、7日(土)には平年並みか平年より高い気温に戻り、過ごしやすくなりそうです。この1週間、寒暖の差が大きくなります。着るもので上手く体温調節をして、風邪などひかないように十分お気を付けください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい