北海道 冬の便り続々 利尻山雪化粧

tenki.jp
稚内地方気象台は29日、利尻山の初冠雪を観測しました。平年より4日早く、昨年よりも7日早い観測です。(今シーズン、全国の気象台で初めての「初冠雪」の観測となります。)

ラッキーにも一瞬見えました

宗谷地方では、9月28日から29日にかけて上空に寒気に入り、利尻山山頂付近では雪となりました。
9月29日午前9時の稚内上空1500メートル付近の気温は0.3℃(速報値)で、10月中旬並みの寒気が入っています。
一瞬晴れて、山頂が見えた利尻山では、平年より4日早く初冠雪を観測しました。その後、すぐに山頂は雲に隠れてしまったそうです。なお、今シーズン、全国の気象台では初めての「初冠雪」の観測となりますが、利尻山が全国で初めてとなるのは、2004年10月3日以来、13年振りのことです。
※「初冠雪」とは、山の中腹から山頂に雪が積もり、ふもとの気象台や観測所から白くなった山の姿が初めて見えたことを言います。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック