北海道 地盤の緩んだ上に大雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 地盤の緩んだ上に大雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

台風18号が過ぎ去ったあと、北海道の上空には寒気が流れ込み大気の状態が非常に不安定となっています。道北や道央を中心に局地的に雷を伴い、1時間の50ミリと非常に激しい雨となる恐れがあります。昨日(18日)の大雨によって既に地盤が緩んでいる所があります。大雨による土砂災害に厳重に警戒するとともに、竜巻などの激しい突風やひょうなどにも注意が必要です。

すでに土砂災害警戒情報も

不安定な大気の状態の影響で、道北や道央を中心に活発な雨雲が発生しています。正午現在、留萌地方の苫前や羽幌、後志地方の島牧や寿都には土砂災害警戒情報が発表されています。また、正午現在、竜巻注意情報も発表されている所もあります。台風18号の影響で昨日、特に大雨となった道南方面でも雨雲が発生しています。渡島地方の長万部や檜山地方の今金、後志地方の黒松内、上川地方の名寄、留萌地方の初山別、石狩地方の石狩市、空知地方の北竜など道南方面や道北、道央には大雨警報の発表されている所があります。まだ地盤の緩んでいる所に更に雨が重なります。雨の降る時間は短くても、今日も引き続き土砂災害に警戒が必要です。

札幌も変わりやすい天気

道央にも西よりの風に乗って湿った空気が流れ込み続けており、手稲山周辺で発生した雨雲が札幌周辺にも断続的に流れ込んでいます。雨がやむと、とたんに青空が見えますが、また次の雨雲が流れ込んできて、急に雨が降るなど、札幌では変わりやすい天気となります。外出の際は傘の手放せない天気が続きそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい