台風18号 北海道檜山地方に再び上陸

tenki.jp
大型の台風18号は、きょう(18日)午前10時過ぎ、北海道檜山地方に上陸しました。大型の台風18号は、きょう18日(月)午前10時過ぎ、北海道檜山地方に再上陸しました。台風18号の上陸は、きのう(17日)11時半頃の「鹿児島県南九州市付近」、17時頃の「高知県宿毛市付近」、22時頃の「兵庫県明石市付近」に続いて4回目です。
今後は、昼過ぎに札幌市付近、午後6時頃には稚内市付近を通過し、夜にはオホーツク海へ進む見込みです。
北海道は広く発達した雨雲が広がり、所々で激しい雨が降っています。北日本では、夕方までは非常に激しい雨が降り、大雨になるで恐れがあります。
あす(19日)朝までに降ると予想される雨の量は、いずれも多い所で、北海道で200ミリ、東北で120ミリです。また、予想される最大風速は、北海道や東北で30メートル(最大瞬間風速は45メートル)、北陸は25メートル(35メートル)。波の高さは、北海道で8メートル、東北や関東甲信地方で7メートル、東海で6メートルの見込みです。最新の情報を確認し、大雨や暴風、高波、高潮に厳重に警戒して下さい。
この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック