関東 もう厳しい残暑はない? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 もう厳しい残暑はない?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

関東地方は来週にかけて日中もしのぎやすい日が多いですが、9月後半から10月はじめは気温が平年並みか平年より高くなる予想で、厳しい残暑が戻る日もあるでしょう。

9月前半の天気や気温

関東地方は、9月15日頃にかけて移動性の高気圧に覆われやすく、秋晴れの日が多いでしょう。ただ、冷たい空気が流れ込みやすいため、気温は平年より低い見込みです。例年なら日中は厳しい残暑が続く時期ですが、今年は最高気温が30度以上の真夏日になる所は少なく、晴れても比較的しのぎやすい日が多いでしょう。

9月後半から10月はじめの天気や気温

一方、9月後半から10月はじめにかけては、数日の周期で天気が変わりますが、比較的曇りや雨の日が多くなりそうです。気温は平年並みか、高いでしょう。「暑さ寒さも彼岸まで」というように、例年ですと日中の残暑もようやく収まり、しのぎやすくなる頃です。今年は彼岸頃に一時的に残暑が戻る日がありそうです。台風が発生した場合、その動向によっては熱帯の空気が流れ込んで、気温が急激に上がるかもしれません。ただ、暑くなっても一時的で、残暑が長く続くことはないでしょう。彼岸を過ぎる頃からは、秋雨前線の動きによって、蒸し暑くなったり肌寒くなったりしそうです。これからの時期は薄手の羽織る物や少し厚めの上着など、調節しやすいアイテムを複数、用意しておくとよいでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい