週間天気 週の半ばは傘の出番

tenki.jp
今週は、6日から8日にかけて、九州から東北は雨の天気が続くでしょう。西日本と東日本の日本海側を中心に雨の量が多くなる所もありますので注意が必要です。次の週末は秋晴れが期待できそうです。

あすの天気

あす(5日)は、高気圧の中心は日本の東海上に移り、本州付近は高気圧の縁になるでしょう。このため、西から湿った空気が流れ込みやすくなりそうです。
沖縄は晴れて、残暑が厳しい見込みです。一方、九州や四国、中国地方は広く雨が降り、局地的には雷を伴い激しく降るでしょう。近畿地方も昼過ぎには曇り空に変わり、夜遅く雨の降り出す所がありそうです。東海は昼過ぎから、北陸は夕方から曇ってくる見込みです。関東は朝まで雲が多く雨の所もありますが、日中は晴れ間が広がるでしょう。東北と北海道は朝晩は曇りますが、日中は穏やかに晴れる見込みです。関東から北では日中の気温はきょうよりやや高く、カラッとした暑さになるでしょう。

あさって以降の週間天気

あさって6日から7日にかけて、低気圧が日本海から三陸沖へ移動し、前線が西日本や東日本を南下するでしょう。このため、6日は雨の範囲が次第に東へ広がり、7日にかけて九州から東北の広い範囲で雨になる見込みです。西日本と東日本の日本海側を中心に局地的に激しく降り、雨量が多くなる所もあるでしょう。8日は西から回復してきますが、西日本の太平洋側や東日本、東北南部は雨が残りそうです。9日は本州付近は高気圧に覆われてくるため、各地の天気は回復し、日本海側を中心に晴れるでしょう。10日は全国的に秋晴れになる見込みです。11日は西から気圧の谷が使づくため、雨の降り出す所があるでしょう。9日から10日にかけての晴天は、大陸育ちの高気圧に覆われるためで、日中は空気が乾燥するでしょう。九州から関東はまだまだ暑くなる日もありますが、東北や北海道は日中の暑さは和らぎ、過ごしやすくなっています。ただ、朝晩はずいぶんと涼しくなってきています。季節の変わり目、体調を崩しやすい時期ですので、風邪など引かないように注意して下さい。一方、沖縄は7日以降は、前線や湿った空気の影響を受けやすく雲が広がりやすくなる見込みです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック