北海道 5年に1度の冷え込みに

tenki.jp
今日(3日)の北海道もここ数日と同様に冷え込んだ所が多く、今朝の道内の最低気温は上川地方の幌加内町朱鞠内で4.0℃まで下がりました。 これで道内の最低気温は3日連続で5℃未満となりましたが、9月上旬に3日連続で5℃未満まで下がるのは、約5年に1度しか観測されない強い冷え込みとなっています。 ここ10年ではわずか1回 今朝の北海道は、東部で雲が広がった他は穏やかに晴れた所が多く、放射冷却が強まりました。 上空には9月中旬から下旬並みの寒気が入っていたため冷え込みが強まり、上川地方の幌加内町朱鞠内で4.0℃まで下がりました。 道内の最低気温は一昨日(1日)が2.7℃、昨日(2日)が3.5℃(ともに宗谷地方の稚内市沼川)と、今日で3日連続で5℃を下回りましたが、9月上旬に3日連続で道内の最低気温が5℃未満となるのは、ここ10年では2015年にしか観測していないほどの強い冷え込みです。 アメダスの整備が進んだ1978年以降で見ても、約40年間で観測された年は8年と、約5年に1度の記録となっています。 4日連続なら14年ぶり 明日(4日)も上空の寒気は残るため、内陸を中心に冷え込みが続き、午後2時発表の予想では道北の上川町で4℃まで下がる見込みです。 もし明日も道内で5℃未満まで下がる地点が出て4日連続となると、9月上旬としては2003年以来14年ぶりのこととなります。 季節が進み、朝晩を中心に冷え込みが強まる時期ですが、その時期としても強い冷え込みとなりますので、体調管理にはくれぐれもご注意下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック