近畿地方 9月の気温は変動大 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

近畿地方 9月の気温は変動大

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
御堂筋のいちょうと銀杏

御堂筋のいちょうと銀杏

御堂筋のいちょう並木には、いつの間にか銀杏がなっていました。9月の近畿地方は、1ヶ月全体の気温は高くなりますが、低くなる週もあって変動が大きいでしょう。

1週目は気温低め

8月31日発表の1ヶ月予報によると、9月2日からの1週目は、寒気の影響を受けて気温が低くなる見込みです。大阪市の気温を見てみると、最低気温が20度を下回る日があり、最高気温も30度前後と、中には平年より5度ほど低くなる日もありそうです。朝晩は涼しく、日中も幾分しのぎやすくなりそうですが、8月下旬から比べると一気に気温が低くなるので、特に夜は寝冷えしないように気をつけましょう。

2週目以降は気温高め

9日からの2週目以降は、気温は高めに推移する見込みです。1週目の秋めいた気配は束の間で、また夏の暑さが戻ってきてしまう可能性も。1週目と2週目とでは、気温の変化が大きくなりそうです。
9月の天気は、数日の周期で変わりますが、3週目以降は平年より晴れる日が多くなる見込みです。3連休がある9月の後半は、お出かけをお考えの方にはうれしい予報かも。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい