沖縄・奄美 長期間の高温と少雨情報

tenki.jp
28日、気象庁から「沖縄・奄美の長期間の高温と少雨に関する全般気象情報」が発表されました。今後、2週間程度は気温の高い状態が続き、少雨を解消するような、まとまった雨の降る可能性は小さい見込みです。 7月から気温が高く、雨が少ない 沖縄、奄美では、7月中旬から太平洋高気圧に覆われて晴れの日が多く、気温の高い状態が続いています。上の表にあるように、ここ1か月の平均気温は平年より2度近く高い所もあります。また、7月上旬から降水量の少ない状態が続いています。ここ2か月の降水量の合計は平年の50%未満の所が多くなっています。 いつまで続く? 沖縄・奄美では、今後、2週間程度は、高気圧に覆われて気温の高い状態が続くでしょう。引き続き熱中症に注意してください。また、少雨を解消するような、まとまった雨の降る可能性は小さい見込みです。農作物や水の管理に注意が必要です。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック