週間天気 9月から各地で秋の気配 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 9月から各地で秋の気配

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
週間天気

週間天気

今週は、前線や湿った空気の影響で、東北や北陸、関東は曇りや雨の日が多いでしょう。関東以北は9月に入るなり昼間も秋の気配です。一方、東海から九州も9月1日から朝晩は次第に涼しくなってきそうです。

あすの天気

あす(29日火曜日)は、前線が北海道を通過し、別の前線が北陸に延びてくるでしょう。北海道や東北、北陸は傘の出番です。
北海道や東北北部は雨が降ったり止んだりでしょう。東北南部や北陸は朝から雲に覆われ、昼過ぎから雨が降りやすくなりそうです。日本海側では雷を伴う所がある見込みです。一方、関東から九州、沖縄は晴れて、残暑が厳しくなるでしょう。
最高気温は、北海道や東北は25度前後で、9月上旬並みの所が多いでしょう。北陸や東北南部は30度ぐらいまで上がり、蒸し暑い見込みです。関東から九州、沖縄は33度くらいまで上がる所が多いでしょう。特に、九州では35度以上の猛暑日になる所もありそうです。引き続き熱中症にはご注意下さい。

あさって以降の週間天気

あさって30日(水曜日)以降は、東北や北陸付近に前線が延びて、ゆっくりと南下するでしょう。9月に入ると、北日本に大陸から高気圧が移動してくる見込みです。東北から関東、東海にかけての太平洋側は湿った空気の流れ込みやすい状態が続くでしょう。また、今週は熱帯低気圧(台風に変わる可能性も)が、関東の東の海上を北上する見込みです。今後の動きにご注意下さい。
●北海道は晴れ間の広がる日が多いですが、週末は雲が多くなる見込みです。最高気温は25度以下の日が多く、朝晩はぐっと涼しくなるでしょう。季節の変わり目、体調を崩さないようにお気を付け下さい。
●東北の太平洋側は9月2日(土曜日)まで曇り雨の降る日が続くでしょう。日本海側は雲が広がりやすいものの、晴れ間の出る日が多い見込みです。太平洋側、日本海側ともに、日ごとに涼しくなりそうです。
●北陸は前線や湿った空気の影響で9月2日(土曜日)まで雲が広がりやすく、雨の降る日もあるでしょう。最高気温は30度を下回り、日ごとに過ごしやすくなる見込みです。
●関東は30日(水曜日)までは晴れて、猛暑が戻るでしょう。31日(木曜日)以降は曇りや雨の降る日が多くなり、暑さも和らぐ見込みです。昼間も秋の気配が感じられそうです。
●東海や近畿、四国も雲が広がりやすいですが、晴れ間の出る日が多いでしょう。日中の最高気温はこの先も30度を超え、8月いっぱいは厳しい残暑が続く見込みです。
●中国地方や九州は晴れ間の出る日が多いでしょう。8月いっぱいは、うだるような残暑と熱帯夜が続く見込みです。9月1日以降は日中は残暑が厳しいですが、朝晩は秋の気配が感じられるでしょう。
●沖縄は9月以降も厳しい残暑と熱帯夜が続く見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい