北海道1か月 平年通りに秋が深まる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道1か月 平年通りに秋が深まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
北海道1か月の天気傾向

北海道1か月の天気傾向

24日、札幌管区気象台は1か月予報を発表しました。気温は、9月上旬に平年並みか低くなりますが、9月中旬は平年並みか高くなるため、向こう1か月の気温はほぼ平年並みとなる見込みです。降水量と日照時間も、ほぼ平年並みでしょう。

週ごとの詳しい天気

(8月26日~9月1日)
26日と27日は、南西部や東部を中心に広く晴れますが、北部では弱い雨の降る時間があるでしょう。28日は全道的に晴れる見込みです。28日にかけては、まだ真夏並みの暑さとなることがありそうです。29日以降は全般に天気の大きな崩れはない見込みですが、30日頃は道南方面を中心に雨が降るでしょう。29日以降は気温が平年並みか低くなるため、寒暖差の大きな一週間となりそうです。
(9月2日~9月8日)
秋の特徴である移動性高気圧と低気圧が交互に通過する気圧配置となるため、天気は平年と同様に数日の周期で変わる見込みです。9月のはじめは北から冷たい空気が流れ込む日があり、気温は各地とも平年並みか低くなる見込みです。秋を実感する肌寒さとなる日もありそうです。
(9月9日~9月22日)
引き続き、高気圧と低気圧が交互に通過するでしょう。平年通りに、数日の周期で爽やかな秋晴れとなったり、雨が降ったりする見込みです。気温は平年並みか高くなるため、過ごしやすい日もありそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい