九州 厳しい残暑 猛暑日のところも

tenki.jp
きょう(22日)の九州は強い日差しが照りつけ、最高気温は各地で33度前後まで上がり、厳しい残暑になりました。九州北部では36度を超え、猛烈な暑さになったところもありました。

九州 猛烈な暑さ

きょう(22日)の九州は高気圧に覆われ、各地ともおおむね晴れて、真夏を思わせる強い日差しが照りつけました。きょうの最高気温は33度前後の所が多く、35度以上の猛暑日の所も。特に大分県国東市と豊後大野市の犬飼は36.3度まで上がり、猛烈な暑さとなり、大分県国東市は今年一番の暑さを記録しました。

厳しい残暑 しばらく続く

あす(23日)以降、太平洋高気圧が勢力を強め、九州はしばらく太平洋高気圧に覆われるでしょう。このため、日中は強い日差しが照りつけ、にわか雨や雷雨は山沿いなど一部に限られる見込みです。最高気温は都市部や平野部でも35度以上の猛暑日になる所もありそうです。
先週は朝晩、秋の気配を感じられましたが、これから来週初めにかけて残暑が厳しいでしょう。夏の疲れがたまっている頃ですので、体調管理に十分気をつけてお過ごしください。月末から来月初めには昼間の暑さも収まる可能性が出てきています。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック