きょうも急な雷雨 東京は激しく降るか 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

きょうも急な雷雨 東京は激しく降るか

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
きょうも急な雷雨 東京は激しく降るか

きょうも急な雷雨 東京は激しく降るか

20日も全国のあちらこちらで急な雷雨がありそう。傘をさしても衣服が濡れてしまうほどの激しい雨の所も。

きょうはどこで激しく降る??

きょう(20日:日曜)も大気の状態が不安定です。あちらこちらで活発な雨雲が発生するでしょう。きのう(19日:土曜)は東京都心でカミナリを伴った激しい雨が降りましたが、きょうは激しい雨の可能性は低いです。ただ、にわか雨はあるため、お出かけの際は雨具をお持ちください。
【きょう(20日:日曜)のポイント】
大気の不安定な状態が続くため、あちらこちらで雨雲やカミナリ雲が発生。
局地的には傘をさしても衣服が濡れてしまうような激しい雨。
東京都心はきのう(19日:土曜)ほどの激しい雨はない見込み。
沖縄から東海は厳しい残暑で北陸や関東甲信越、東北の日本海側も蒸し暑い。
【きょう(20日:日曜)の全国の天気】
沖縄は雨が降るでしょう。所々で雷を伴い、雨脚が強まりそうです。九州や中国、四国、近畿、北陸、東海は日差しが出ますが、昼過ぎ以降は雨雲やカミナリ雲が発生しやすくなるでしょう。天気が急変してザーッと激しい雨の降ることもありそうです。長く降り続くわけではないため、時間に余裕がある場合は活発な雨雲が通り過ぎるまで雨宿りをするのも良いでしょう。関東甲信越は雲が多く、所々で雨や雷雨があるでしょう。特に関東北部や甲信では激しく降る雨にご注意下さい。カミナリの鳴る音が聞こえたり、風が急に強まったりするときは、活発な雨雲が近づくサインです。東北の太平洋側は雲が多く、時々雨が降るでしょう。東北の日本海側は日差しが出る見込みです。北海道は広く晴れて行楽日和が続くでしょう。
【きょう(20日:日曜)の全国の最高気温】
沖縄から東海にかけては33度前後で、猛暑日(35度以上)になる所もありそうです。連日の厳しい残暑で体に疲れがたまっている方も多いと思います。体調管理を万全にしてお過ごしください。北陸と関東甲信越は29度前後の予想です。湿度が高く、かなり蒸し暑いでしょう。東北の太平洋側は24度前後で、仙台は22度までしか上がらないでしょう。一方、日差しの出る東北の日本海側は30度くらいまで上がる所がありそうです。北海道は南西部や北部は26度前後で汗ばむ陽気ですが、東部は沿岸の地域を中心に20度に届かない所もあるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい