16日の天気 西・東日本は不安定 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

16日の天気 西・東日本は不安定

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

お盆休み最終日のきょう(16日)も、東日本と西日本は湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定。局地的な非常に激しい雨、落雷や突風などにご注意下さい。

きょうの天気

きょうも南から湿った空気が入りやすく、西日本や東日本では大気の不安定な状態が続きます。局地的にカミナリを伴って激しく雨が降る見込みです。低い土地の浸水や道路の冠水、川の増水、落雷や突風などに十分ご注意ください。
【各地の天気】
沖縄は夏の高気圧に覆われて、晴れて強い日差しが照りつけるでしょう。九州や四国、近畿は、晴れ間も出ますが、急な激しい雨や雷雨になる所がありそうです。中国地方から北陸、東海、関東、東北南部は、曇りや雨で、局地的に激しく降る見込みです。東北北部と北海道は、晴れ間も出ますが、雲が広がりやすいでしょう。午前中は霧で、見通しの悪い所がありますので、車の運転は、お気をつけ下さい。

きょうの最高気温

最高気温は、那覇と鹿児島は34度、福岡と高知は33度、広島は31度、松江は30度、大阪は33度の予想です。西日本では蒸し暑さが続くでしょう。名古屋は29度、金沢30度、新潟は28度の予想です。東京は24度で、きのうより2度ほど低くなりそうです。仙台は21度で10月上旬ころの気温でしょう。秋田は29度、札幌26度で、北日本の日本海側は、ほぼ平年並みの気温となりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい