16日にかけて激しい雨の範囲 東へ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

16日にかけて激しい雨の範囲 東へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

15日にかけては九州から東海で激しい雨の降る所があるでしょう。特に九州では朝にかけて局地的に滝のような雨が降る見込みです。16日になると関東や北陸、東北でも雨の降り方が強まる可能性があります。

九州は15日にかけて滝のような雨

きょう14日は、前線が九州に延びています。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州は北部を中心に所々で雨雲が発達しています。長崎県西海市平島付近では、午前8時20分までの1時間に約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表されました。九州は、あす15日朝にかけて非常に激しい雨の降る所があり、大雨となる恐れがあります。「非常に激しい雨」とは、ゴーゴーと滝のように降る雨で、辺り一面が水しぶきで白っぽくなります。視界が悪くなるため、車の運転は危険です。前が見えにくくなるほど雨が強まった場合は、無理をして先を急がず、安全な場所で様子をみましょう。雨雲の動きを把握するためには、下記リンクの「雨雲のようす」や「豪雨レーダー」が便利です。

15日 中国、四国から東海も激しく降る所あり

あす15日は、前線がさらに東へ延びるため、激しい雨の範囲も東へ広がります。中国、四国から東海は断続的に雨が降るでしょう。昼頃にかけては中国、四国を中心に、昼過ぎから夜にかけては近畿や東海でも激しい雨の降る所がある見込みです。激しい雨により道路が川のようになると、高速道路では車のブレーキが効きにくくなることがあります。車間距離をしっかり保つなど、いつも以上に慎重な運転を心掛けてください。なお、関東は15日昼頃にかけて局地的に雨雲がわき、強い雨の降る所がありそうです。

16日は関東周辺で雨

16日になると前線は不明瞭になりますが、日本海と本州南岸に低気圧が発生します。これらの低気圧に近い関東や北陸、東北は雨が降りやすく、雨脚の強まる所があるでしょう。ただ、雨の範囲や強さは予想に幅がありますので、お出かけの際は最新の情報を確認してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい