北アルプス焼岳で小規模噴気 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北アルプス焼岳で小規模噴気

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

北アルプスの焼岳(やけだけ)では、9日23時50分頃から10日2時頃にかけて、山頂の西側山腹において、小規模な噴気が確認されました。今後も再び噴気が発生する可能性があります、今回、噴気が見られた付近では注意が必要です。

焼岳で小規模な噴気を確認

北アルプスにある焼岳(やけだけ)では、山頂の西側山腹において、小規模な噴気が確認されました。
気象庁によりますと、昨日(9日)23時50分頃から本日(10日)2時頃にかけて、空振を伴う地震を6回観測し、この時間帯に、北陸地方整備局の監視カメラにより、山頂の西側およそ400メートル付近の山腹において白色の噴気を確認しました。このうち、10日00時48分に確認された噴気は、およそ100メートル程度まで上がり、東へ流れていました。その後、噴気は次第に弱まり、3時以降は観測されていません。
今後、再び噴気が発生する可能性があります。また火山ガスが噴出している可能性もありますので、今回、噴気が見られた付近では注意が必要です。

夏山シーズン 迅速な対応を

焼岳(やけだけ)は、長野県と岐阜県にまたがる標高2455メートルの活火山です。夏山シーズンで焼岳に滞在中の方、これから目指そうという方は、下の関連リンクにあるtenki.jp火山情報も参考になさって下さい。
(追記:一部加筆しました)


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい