九州 豪雨被災地も猛烈な暑さ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 豪雨被災地も猛烈な暑さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

きのう(30日)、大分県日田市では最高気温が38.3度、ことし全国で最も高い最高気温を記録しましたが、きょう(31日)も日田市は最高気温が37.3度と、全国で2番目の暑さになりました。
今月に発生した九州北部豪雨の被災地は、連日猛烈な暑さに見舞われています。

7月の猛暑日数

7月の九州は、各地で気温が平年を上回り、暑さがたいへん厳しくなっています。
7月の記録的な豪雨により復旧作業が行われている被災地も、猛烈な暑さが続いています。
7月1日から31日までの猛暑日(最高気温35度以上)日数は、
大分県日田市は14日間(7月の平年は6.7日)、福岡県朝倉市は8日間(7月の平年は3.9日)と、いずれも平年のおよそ2倍になりました。
猛烈な暑さは、まだ当分おさまりそうになく、健康管理に注意が必要です。
特に、被災地での復旧作業は暑さの中での過酷な作業になります。ボランティア活動を行う方は、無理をせず、こまめに休憩を取ったり、定期的な水分補給を心がけましょう。

日田市で記録的短時間大雨情報

猛暑が続く中、きょうは大気の状態は非常に不安定で、発達した積乱雲があちらこちらに発生しました。大分県日田市日田付近では、午後3時20分までの1時間におよそ120ミリの猛烈な雨が解析され、記録的短時間大雨情報が発表されました。
今夜も山沿いや内陸部を中心に局地的に雷を伴い非常に激しい雨が降るおそれがあります。発達した積乱雲の下では、雨の降り方や落雷、竜巻などの激しい突風に警戒して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい