週間天気 雷雨に注意 台風の影響も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 雷雨に注意 台風の影響も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

この先一週間も、広い範囲で大気の不安定な状態が続く。晴れても、急に強い雨が降ってきたり、雷雨になる所も。屋外のレジャーは、空模様の変化に気を配って。2つの台風、5号と9号の動きにも要注意。

あすの天気

あす29日も、北海道の東から東北付近に前線が停滞するでしょう。
また、日本の東にある「強い台風5号」が小笠原諸島に接近します。小笠原諸島では猛烈な風(電柱や街灯などが倒れるほど)が吹き、海は大シケとなるでしょう。さらに、沖縄には「台風9号」が近づく見込みです。
なお、台風から遠い九州から北海道にかけての太平洋沿岸も、うねりを伴い波が次第に高くなるでしょう。
【各地の天気(西から)】
沖縄は、石垣島など先島諸島を中心に台風9号の影響を受けます。先島諸島は断続的に雨や雷雨で、立っているのも大変なほどの非常に強い風が吹くでしょう。海は大シケとなりそうです。本島地方と大東島地方は晴れますが、こちらも高い波に注意が必要です。
九州と中国、四国、近畿、東海にかけて、変わりやすい天気です。晴れ間は出ますが、午後は急な雨にお気を付けください。山沿いを中心に、カミナリを伴って激しく降る所もありそうです。日中の気温は広く30度を超えて、九州や四国では35度以上の猛暑日の所があるでしょう。
関東甲信と北陸は午前も午後も所々で雨が降るでしょう。特に、長野県では局地的に激しく降る見込みです。最高気温は30度前後の予想です。
東北は雨が降ったり止んだりで、南部を中心にザッと強く降る所もあるでしょう。最高気温は25度以上で、日本海側では30度くらいまで上がる所もありそうです。
北海道は、前線に近い東部は曇りや雨で、明け方までは雷を伴う所もありそうです。北部と南西部は大体晴れるでしょう。日中の気温は28度前後まで上がる所が多い見込みです。

あさって以降の天気

北日本と東日本は前線や低気圧の影響を受ける見込みです。北海道から東北は太平洋側ほど雨が降りやすく、北陸や関東、東海も曇りや雨の日が多いでしょう。カミナリが鳴ったり、雨が強まる所もありそうです。
また、沖縄もスッキリしない天気です。30日にかけて台風9号の影響が残り、先島諸島を中心に風が強く、波が高いでしょう。
近畿と中国、四国、九州は、強い日差しが照りつけ、猛烈な暑さです。気温の上がる午後は、大気の状態が不安定になり、あちらこちらで雨雲やカミナリ雲が発達します。夏休み中ということで、屋外のレジャーを楽しむ方が多いと思いますが、空模様の変化には十分にお気を付けください。急に激しい雨が降ったり、雷雨になった場合の避難場所を、あらかじめ決めておくと安心です。スマホなどで雨雲の動きをこまめに確認し、発達した雨雲が近づく予兆があったら、早めに避難しましょう。
なお、沖縄付近を通過する台風9号と、小笠原諸島に接近する強い台風5号は、いずれも2日(水)頃にかけて動きが遅いでしょう。沖縄と小笠原諸島だけでなく、九州から北海道にかけての太平洋沿岸も、しばらくうねりを伴った高い波に注意が必要です。また、その先の台風の進路次第では、海だけでなく陸地にも影響が出てくるおそれがあります。下のリンク「台風5号と9号の進路」で、情報をご確認ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい