九州 秋にかけて高温傾向 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 秋にかけて高温傾向

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

最新の長期予報によると、九州は8月から10月にかけて気温が高い傾向が続きます。8月は猛暑、そして秋の前半は残暑が厳しい見込みです。

最新の3か月予報

【8月】太平洋高気圧に覆われて、晴れる日が多いでしょう。ただ、8月の初めは高気圧の勢力がやや弱まるため、不安定な天気が多くなる見込みです。
九州北部・南部とも、気温は平年より高く、猛暑が続くでしょう。熱中症など健康管理に引き続き注意が必要です。
【9月】次第に移動性高気圧に覆われるようになり、天気は周期的に変わりますが、平年より晴れる日が多いでしょう。
九州の気温は平年より高く、9月になってもなかなか暑さが収まりそうにありません。残暑が厳しい9月になる見込みです。
【10月】移動性高気圧と低気圧が交互に通過し、天気は周期的に変わりますが、平年より晴れる日が多い見込みです。
九州の気温は、平年並みか平年より高く、秋の深まりはかなりゆっくりとなりそうです。紅葉にも影響がでてくるかもしれません。
また、8月から10月にかけては、晴れる日が多く、少雨傾向になる見込みです。
なお、夏から秋にかけて台風シーズンが続きます。例年10月初め頃までは、日本へ接近する台風が多くなります。日頃から台風への備えをしっかり確認しておきましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい