14日も厳しい暑さ 急な雨や雷雨も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

14日も厳しい暑さ 急な雨や雷雨も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

きょう14日、日中の気温はきのうと同じか高く、30度以上の真夏日の所が更に多くなりそう。前線や湿った空気の影響で、きょうも東海や関東を中心に大気の状態が不安定。急な雨や雷雨に注意。非常に激しく降る所も。

きょうの天気

梅雨前線が東北付近に停滞。この前線に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込みます。
【各地の天気(西から)】
沖縄は晴れるでしょう。
きのう梅雨明けした九州南部も強い日差しが照りつけますが、夕方以降はザッと雨の降る所がありそうです。
九州北部と中国、四国も、午前中は各地で晴れるでしょう。午後は山沿いの一部で雨雲が湧く見込みです。
近畿も晴れ間が出るでしょう。ただ、和歌山県と奈良県は、すでに所々で雨雲が発達しています。そのほかの府県でも、午後は山沿いを中心ににわか雨や雷雨の所がありそうです。
東海は平野部を含めて急な雨に注意が必要です。特に雨雲が湧きやすいのは、朝までと夕方以降で、非常に激しく降る所があるでしょう。
関東は昼前後からあちらこちらで雨雲が湧いてきます。内陸部を中心にカミナリを伴って非常に激しく降る所もありそうです。
北陸と東北南部は、午前中は晴れるでしょう。午後は所々で雨や雷雨となる見込みです。
東北北部と北海道は大体晴れる見込みです。

きょうの最高気温

きのうと同じかさらに高くなるでしょう。全国のアメダスの約8割もの地点で30度以上の真夏日となる予想です。
那覇で33度、鹿児島と福岡で34度、高知で32度、広島で33度、大阪で34度と、沖縄や九州から近畿は広く33度前後。そのほか、鳥取市で35度など、日本海側を中心に35度以上の猛暑日の所もあるでしょう。
東海と関東、北陸も広く30度を超えます。名古屋と東京は33度、金沢は34度と猛暑日に迫るでしょう。
仙台で31度、青森で33度、札幌で34度と、東北や北海道も体にこたえる暑さです。北海道の、十勝・網走・北見・紋別地方では、山越えの風の影響が加わり、きょうも35度以上の猛暑日の所がある見込みです。
全国各地で熱中症に警戒が必要です。ノドの渇きを感じる前に、意識的に水分を摂るなど、対策を万全にしましょう。
屋外の作業などで、汗をたくさんかいたら、適度に塩分も摂るようにしてください。
室内でも熱中症になる危険性がありますので、適度にエアコンや扇風機を使うようにしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい