北海道 今年一番の厳しい暑さ

tenki.jp
今日は二十四節気のひとつの「小暑」で、これから暑さが本格的になるころです。北海道は暦通り、もしくはそれ以上の暑さとなります。札幌は今年初の真夏日に、十勝地方では35℃以上の猛暑日となる予想です。

小暑の今日は厳しい暑さ

札幌は朝から強い日差しが降り注ぎ、気温もどんどん上がっています。
今日(7日)の北海道は高気圧に覆われ、大陸からは真夏並みの暖かい空気が流れ込むため、各地で晴れて内陸を中心に厳しい暑さとなります。
予想最高気温は、札幌で32℃と今年初の真夏日に、帯広では35℃以上の猛暑日となり、今年の道内の最高気温を更新する見込みです。
北海道の広い範囲に、熱中症への注意を呼びかける「高温注意情報」が発表されています。
外出の際は、直射日光をなるべく避け、こまめな水分補給を心がけてください。
また、全般に風が弱く、室内でも熱がこもりやすくなります。カーテンで日差しを遮ったり、エアコンや扇風機を利用するなどして、室温の調節にも気を付けてください。

土日も真夏並みの暑さが続く

土日(8日・9日)も、北海道付近は高気圧に覆われ、真夏並みの空気が流れ込む状態が続きます。
広く日差しが出て、内陸を中心に真夏日となるでしょう。
夏のレジャーなど外出するにも良い日和となりますが、万全な暑さ対策が必要です。
また、暑さで食べ物も傷みやすくなります。食品の取り扱いにも注意し、楽しい週末をお過ごしください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック