7日 九州は引き続き大雨に警戒を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

7日 九州は引き続き大雨に警戒を

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
       

       

きょう7日も梅雨前線の活動が活発。西日本は雨や雷雨で、九州北部を中心に非常に激しく降る所がある見込み。そのほかは日差しがあり、気温上昇。帯広で35度など、北海道で猛暑日の所も。

きょうの天気

きょうも梅雨前線が西日本に停滞し、活動は活発です。
今朝も九州北部で雨脚が強まっています。特に、福岡県の北九州市八幡西区では、午前6時までのわずか6時間で150ミリ近い雨が一気に降り、この先もしばらく同じような所で大雨が続く恐れがあります。また、西日本のそのほかの地域でも、局地的に非常に激しい雨が降る見込みです。これからあす朝6時までの24時間の雨の量は、いずれも多い所で、九州北部で250ミリ、九州南部で150ミリ、中国と四国で100ミリの予想です。すでに大雨による被害の相次いでいる九州北部は、新たに土砂災害が発生したり、川が氾濫する危険性が高くなります。気象台や自治体からの情報を確認しつつ、慎重な行動を心がけて下さい。
【各地の天気】
沖縄は晴れるでしょう。
九州は断続的に雨で、北部は午前を中心に、南部は午後、1時間50ミリ以上の非常に激しい雨が降る所があるでしょう。いったん、雨が弱まったり、止んだとしても、急に雨脚が強まる恐れがあります。
中国と四国も雨が降ったり止んだりで、カミナリを伴って激しく降る所があるでしょう。
近畿も大気の状態が不安定で、あちらこちらで雨雲が発達するでしょう。急に降る激しい雨にお気を付け下さい。
東海と北陸、関東甲信、東北南部は、午前中はおおむね晴れ。午後は山沿いを中心ににわか雨がありそうです。
東北北部と北海道は一日晴れるでしょう。

きょうの最高気温

沖縄は広く真夏日で、那覇は32度の予想です。
福岡で30度、高知で29度、広島で27度、大阪で29度と、梅雨前線の影響を受ける九州から近畿も30度くらいの所が多く、きょうもかなりの蒸し暑さです。
東海や関東から北は、さらに日差しの暑さも加わります。名古屋で33度、東京で31度、金沢で29度、仙台で30度、札幌で32度と、きのうと同じか高くなるでしょう。特に北海道はグンと上がり、帯広で35度など、内陸部では猛暑日の所もある見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい