台風3号 関東に最接近 明日の通勤は

tenki.jp
台風3号は関東には明日(5日)未明にかけて最接近。今夜(4日)は遅くなればなるほど、雨や風が強まるでしょう。早めの帰宅を心がけて下さい。

◆台風3号の進路と特徴

台風3号は4日午前8時頃に長崎市付近に上陸したあと、12時過ぎに愛媛県宇和島市付近に再上陸、午後5時前には和歌山県田辺市付近に再上陸しました。今後も東よりに進んで、日付の替わる頃には関東の南の海上を進む予想です。関東には今夜から明日(5日)の未明にかけて最も接近する見込みです。
今回の台風の特徴は一つがスピードが速いという点で、この先も車並みの早い速度で進む予想です。もう一つが台風の雨雲や風の強い地域が比較的コンパクトであるという点です。この場合は台風の接近とともに急に雨や風が強まりますので、要注意です。まだそれほど荒れていないからといって、油断は禁物です。

◆関東は激しい雨に注意

午後6時現在、関東南部にも雨雲が次々と流れ込んできました。今夜9時以降は台風本体の活発な雨雲がかかる予想で、カミナリを伴って激しい雨の降る所もあるでしょう。アンダーパスなど低い道路の冠水や河川の増水に注意が必要です。また、今夜9時以降は沿岸部を中心に風も強まり、横なぐりの雨になる所もあるでしょう。大気の状態が非常に不安定になりますので、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。今夜は遅くなればなるほど、雨・風ともに強まって、交通機関へ影響がでる可能性もあります。今夜は早めの帰宅を心がけて下さい。
台風のスピードは速く、明日(5日)の未明には千葉県銚子市の南東の海上へ進み、その後、関東の東の海上へ離れるでしょう。明日の未明にかけては、台風の活発な雨雲がかかりますが、明日の明け方には抜ける見込みです。風の強い状態も朝には収まり、明日の通勤・通学への影響はなさそうです。ただ、気圧の谷の影響を受けて、明日は台風一過の晴天にはならず、午後も所々でにわか雨や雷雨があるでしょう。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック