週間天気 台風3号九州から関東横断か

tenki.jp
台風3号は、4日に九州北部に接近または上陸し、その後、5日の午前中にかけて、西日本や東日本を横断する恐れがあります。本州付近に停滞する梅雨前線も活発となり、九州から東北は大雨になる所がある見込みです。

あすの天気

あす(4日・火曜日)は、台風3号が九州北部に接近、または上陸する恐れがあります。その後は、西日本や東日本を横断し、5日朝には関東の東の海上に達する予想です。また、梅雨前線が日本海から東北付近に停滞していますので、台風の接近により梅雨前線の活動は活発になるでしょう。九州から北海道にかけての広い範囲で雨になり、台風が接近する九州は朝から昼過ぎにかけて、雨や風が強まり大荒れの天気になりそうです。四国は昼前から、中国地方や近畿は昼過ぎから、非常に激しい雨が降る恐れがあります。東海も昼前から雨が降りだし、夜は激しく降る所があるでしょう。関東は昼ごろから雨が降り出し、夜遅くなると本降りになってきそうです。北陸は朝から雨や雷雨で激しく降る所があるでしょう。東北も曇りや雨のぐずついた天気が続く見込みです。北海道の南西部や北部は昼頃まで雨が降りやすいでしょう。東部は雲が多めながらも、昼過ぎまでは晴れ間が広がる見込みです。台風3号は比較的小さいので、接近すると急激に雨や風が強まりそうです。早めに台風の備えや対策をしておいてください。

あさって以降の週間天気

5日(水曜日)は、台風が、未明から明け方にかけて関東を通過するでしょう。関東は明け方にかけて雨や風が強まり、荒れた天気となる見込みです。朝の通勤通学の足に影響が出そうですから、早めの対策をしておくと良さそうです。北陸や東北も雨が強まる所があるでしょう。また、台風一過の青空とはいきません。台風が過ぎ去ったあとも、9日(日曜日)頃まで九州や本州は雲の多い天気が続きそうです。関東以西の日中の気温は30度を超える日が多く、蒸し暑い日が多いでしょう。一方、北海道の札幌は6日(木曜日)以降は晴れる日が多い見込みです。日中の最高気温は25度以上まで上がり、汗ばむ陽気が続きそうです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック