3日の天気 台風3号と梅雨前線に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

3日の天気 台風3号と梅雨前線に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
3日21時予想天気図

3日21時予想天気図

きょう(3日)は、台風3号の影響で沖縄の先島地方は午前中は大荒れでしょう。一方、本州付近は北陸や東北で梅雨前線の活動が活発です。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒して下さい。

きょうの天気

きょう(3日)は、台風3号が沖縄の西の海上を北上するでしょう。また、梅雨前線が日本海から東北地方に停滞し、前線の活動が活発になる見込みです。
<各地の天気>
沖縄は日中は雲が多く、昼過ぎまで雨の降る所があるでしょう。先島諸島は午前中は雨や風が強く、荒れた天気になりそうです。九州から近畿と東海、関東は晴れ間がありますが、日本海側を中心に雲が多く、所々でにわか雨や雷雨となるでしょう。北陸と東北は断続的に雨が降り、局地的にカミナリを伴い非常に激しく降る恐れがあります。これまでの大雨により、地盤の緩んでいる所がありますので、土砂災害や河川の増水などに厳重な警戒が必要です。北海道も雲が広がりやすく、昼ごろからは太平洋側を中心に雨の降る所がある見込みです。

予想雨量

北陸地方や甲信北部、東北地方では、4日にかけて、雷を伴った非常に激しい雨の降るところがあり、大雨となるでしょう。
4日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで
北陸地方           250ミリ
東北地方           200ミリ
甲信地方           150ミリ です。
梅雨前線は、4日にかけて北陸地方から東北地方に停滞するため、雨量はさらに多くなる見込みです。
5日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで
北陸地方、甲信地方   100から200ミリ
東北地方         50から100ミリ です。
これまでの大雨で地盤の緩んでいるところがあります。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

きょうの最高気温

日中の最高気温は、平年並みか平年より高い見込みです。那覇はきのうと同じ32度でしょう。鹿児島と福岡は33度、高知と広島は32度、松江は34度で厳しい暑さが続きそうです。大阪は34度、名古屋と東京は35度の予想で、体にこたえる暑さでしょう。熱中症にご注意ください。金沢は31度、新潟は28度できのうと同じくらいでしょう。仙台は26度の予想できのうより6度低い見込みです。秋田と札幌は23度の予想でほぼ平年並みでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい