今週の天気 台風 今年初日本に接近か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今週の天気 台風 今年初日本に接近か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

今週前半は、前線と台風3号による大雨に注意。後半は、急な雨や雷雨に注意が必要です。

3日(月)北陸と東北は大雨に 先島諸島は台風に注意

梅雨前線が日本海から東北付近に停滞する見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になりそうです。
前線に近い北陸と東北は断続的に雨が降り、雨の量が多くなりそうです。局地的には非常に激しく降ることもあるでしょう。北陸ではこれまでの雨で地盤が緩んでいる所がありますので、土砂災害に厳重に警戒が必要です。北海道は雲が多く、南西部を中心に雨が降るでしょう。関東から西は曇りや晴れですが、暖かく湿った空気の影響で大気の状態が不安定に。所々でにわか雨や雷雨がありそうです。
台風3号は未明から明け方に沖縄の先島諸島に接近するおそれがあるため、先島諸島は荒れた天気に。大雨や強風、高波に注意が必要です。

4日(火)から5日(水) 台風接近か 前線の活動も活発に

梅雨前線が日本海から北陸、東北南部に停滞する見込みです。台風3号は、4日(火)に九州の西の海上を北上し、5日(水)に日本海へ進む予想です。台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、前線の活動が活発になるでしょう。台風本体の雨や風に加え、前線による大雨にも注意が必要です。九州から東北を中心に雨が降り、前線に近い日本海側の地域では大雨となるおそれがあります。太平洋側でも暖かく湿った空気の影響で、大気の状態が不安定に。所々で雨や雷雨があるでしょう。
台風の進路によって雨の降り方が変わってきますので、最新の台風情報に注意をして下さい。

週の後半は急な雨や雷雨に注意

6日(木)には台風は温帯低気圧に変わり、日本の東へ遠ざかる見込みです。 その後梅雨前線は日本海から北陸、東北付近に停滞するでしょう。前線に近い日本海側や東北で雨が降りやすくなりそうですが、本州付近には引き続き暖かく湿った空気が流れ込むため、あちらこちらでにわか雨や雷雨がありそうです。

昼も夜も蒸し暑さ続く

関東から西の各地では、連日30度以上の真夏日の所が多く、湿度も高く、蒸し暑くなるでしょう。特に3日(月)は暑さが厳しく、関東の内陸部などで35度を超える所もありそうです。また、この先は夜も気温が下がりにくく、熱帯夜の日も増えてきそうです。枕元に飲み物を置いておいたり、寝る前にエアコンで部屋を冷やしておくなど、昼だけでなく夜も熱中症対策を心掛けて下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい