週間天気 晴れる日多いが急な雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 晴れる日多いが急な雨に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
          

          

この先もしばらく、梅雨空が続くのは沖縄のみ。そのほかは晴れる日が多い。ただ、上空の寒気などの影響で、広い範囲で大気の状態が不安定になることも。晴れ雨兼用の傘が活躍しそう。

あすの天気 関東と東北の所々で雷雨

あす16日は、気圧の谷が北日本から関東付近を通過。さらに上空5500m付近に氷点下15度以下と、この時期としては強い寒気が流れ込みます。特に『関東~東北の太平洋側』は、地上と上空の気温差が大きく、大気の状態が不安定になるでしょう。
【各地の天気】
沖縄は梅雨前線の影響で断続的に雨が降るでしょう。
九州から東海は一日を通して晴れ。にわか雨もないでしょう。日中の気温は太平洋側を中心に30度前後まで上がる所が多く、熱中症に注意が必要です。
北陸は、朝は雲に覆われ所々で雨。昼頃からは晴れますが、北風が吹いて、気温はそれほど上がりません。最高気温は23度前後の見込みです。
関東は昼前まで晴れて、内陸を中心に気温が30度近くまで上がります。午後は大気の状態が不安定になり、平地も含めてあちらこちらで雨雲が発達するでしょう。カミナリを伴って激しく降る所もありそうです。
東北は、日本海側は昼頃まで雨で、最高気温は20度くらいの所が多いでしょう。太平洋側は、午前中は晴れ間があり、内陸を中心に気温が25度前後まで上がります。午後は雨雲やカミナリ雲が発達しやすくなります。
北海道はあすも雲が多く、空気は少しヒンヤリです。南西部や北部は午前中、東部は午後、一時的に雨の降る所があるでしょう。

あさって以降の天気 週末は西も不安定

あさって土曜日は、今度は西日本の上空に気圧の谷が近づき、大気の状態が不安定になります。九州や中国、四国では午後は山沿いや内陸を中心に雨雲が湧いてくるでしょう。日曜日は、九州から関東、東北にかけても所々でにわか雨がありそうです。月曜日も同じような状況が続きます(下のリンク「全国の10日間天気」にあるように、九州から東北南部で降水確率がやや高めです)。
火曜日頃には梅雨前線が少し北上して、西日本を中心に曇りや雨に。ただ、前線はすぐに南へ。九州から関東では、しばらくはまとまった雨にはならず、北陸や東北の梅雨入りも、もう少し先になる見込みです。
一方、沖縄や奄美は、この先も雨の日が続き、激しく降ることもありそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい