上空に寒気 金曜の関東は急な雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

上空に寒気 金曜の関東は急な雨に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

15日(木)から16日(金)かけて上空に寒気を伴った気圧の谷が本州を南下。16日(金)は日差しの届く関東も午後は急な雨に注意が必要です。上の図は、きょう14日(水)午後2時半の衛星画像と雨雲のようすを重ねたものです。北海道の西に渦巻き状の雲があり、一部で雨雲が発達しているのが分かります。これは上空に寒気を伴った低気圧の雲で、この低気圧から延びる気圧の谷が寒気を伴ったまま、あさって16日(金)にかけてゆっくり本州を南下するでしょう。上空の寒気は、この時期としては5度前後低く、5月上旬並みです。地上付近との気温差が大きくなり、局地的に雨雲やカミナリ雲が発達する見込みです。あす15日(木)は北海道で雨の降る所が多く、東北も夕方以降は日本海側から雨雲がかかるでしょう。

関東もあさっては傘が必要に

関東は、あすは晴れて洗濯日和となりますが、あさって16日(金)の午後は急な雨に注意が必要です。午前中に日差しが届いて、地上付近の気温が高くなると、雨雲がどんどん発達して、強い雨を降らせる可能性があります。山沿いだけでなく、都心など平野部でも雨が予想されている所があり、今後、雨の範囲が広がることも考えられます。最新の予報をチェックしてお出かけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい