週間天気 梅雨の晴れ間続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 梅雨の晴れ間続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

梅雨前線は引き続き日本の南の海上に停滞。本州付近はこの先も高気圧に覆われて晴れる所が多く、九州から関東は梅雨の晴れ間が続きそうです。一方で、沖縄付近は梅雨空が続くでしょう。

あすの天気

梅雨前線はあす(15日)も沖縄付近に停滞。上空に寒気を伴った低気圧が日本海を進み、東北地方へ近づく見込みです。
沖縄は梅雨空が続きます。朝晩を中心に雨で、雷を伴って強く降る所もあるでしょう。きょう(14日)は沖縄県国頭郡東村で1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降りました。沖縄本島地方ではこれまでの雨量が多くなっていますので、引き続き土砂災害などに注意・警戒をして下さい。九州から東海・北陸は、大体晴れる見込みです。関東も晴れますが、夕方以降は北部の山沿いを中心ににわか雨があるでしょう。東北は雲が多く、夕方から北部で急な雨の所がありそうです。北海道は雲に覆われ、雨が降ったりやんだり。局地的に降り方がやや強まる所もあるでしょう。
最高気温は、きょうより高い所が多く、東海から西では30度以上の真夏日の所もありそうです。

あさって以降の週間天気

この先も前線は日本の南の海上に停滞する日が多く、本州付近は高気圧に覆われる日が続くでしょう。晴れる所が多く、梅雨らしくない天気が続く見込みです。ただ、関東では16日(金)に上空の寒気が流れ込んだり小さな低気圧が発生する影響で一部でにわか雨の可能性があり、18日(日)は前線が関東付近で一時的に北上し、前線上を低気圧が進むため、雨の所がありそうです。19日(月)以降は、前線は再び南の海上へ下がるでしょう。北陸や東北南部の梅雨入りの平年は6月12日、東北北部は6月14日ですが、今年の梅雨入りは当分先となる見込みです。
一方、沖縄では引き続き梅雨空で、雨の量が多くなる事もありそうです。大雨による災害に備えて、備蓄品をそろえたり避難経路の確認をしておくようにしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい