関東 しばらく折り畳みの傘が活躍 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 しばらく折り畳みの傘が活躍

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

関東地方はしばらくまとまった雨は少ない見込みですが、所々で雨が降りそうです。折り畳みの傘や晴雨兼用の傘をカバンに入れておくと安心です。

まとまった雨はないが所々で雨

梅雨前線はしばらく日本の南の海上に停滞。関東地方は、この先もしばらく梅雨前線の影響は受けませんが、小さな低気圧が15日(木)にかけて関東の南から東の海上をゆっくりゆっくり移動する見込みです。関東全域に雨を降らせるほどのパワーはないものの、湿った空気が流れ込みやすく、所々で雨となりそうです。

いつどこで降る?降り方は?

13日(火)~14日(水):いつどこで雨が降ってもおかしくありません。降り方は、局地的に強まる可能性があります。14日(水)は、低気圧に近い千葉県や茨城県など沿岸部で降り方が強まりそうです。
15日(木):北部の山沿いを中心に、朝晩雨の所がありそうです。低気圧は次第に東へ離れていくため日中は一旦天気が回復しますが、夜は上空の寒気の影響で局地的に強く降る所があるでしょう。
しばらくまとまった雨はないものの、急な雨に備えて折り畳みの傘をカバンに入れておくと良さそうです。曇りでも紫外線は届いていますので、晴雨兼用の傘があると一石二鳥です。

13日(火)は空気ヒンヤリ

北東~東の湿った冷たい風が吹いて、日中も気温が上がりません。予想最高気温は、都心と前橋、宇都宮は21度、横浜と千葉は21度。日差しもなく、空気がヒンヤリしそうです。お出かけの際は、雨具に加えて羽織る物もあると良いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい