週間天気 まもなく雨の季節 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 まもなく雨の季節

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
週間予報

週間予報

あす(31日・水曜日)は大気の状態が不安定になります。午前中は日差しもあり、季節先取りの暑さが続きますが、午後は天気が急変しそうです。明後日以降は雲が広がりやすくなり、梅雨入りが近いことが感じられるでしょう。

あすの天気

あす(31日水曜日)は、高気圧の中心が日本の東海上に離れるでしょう。さらに、上空に冷たい空気が流れ込むため、大気の状態が不安定になる見込みです。全国的に雲が広がりやすくなり、昼過ぎから所々で雨や雷雨がありそうです。空模様の変化に注意して下さい。日差しは弱まりますが、南風の影響で、日中の気温は平年より高めでしょう。九州から東北にかけては28度くらいまで上がる所が多く、内陸では所々で30度の真夏日になる見込みです。湿度が高くなるため、蒸し暑く感じられそうです。北海道も内陸では25度前後まで上がり、汗ばむ陽気が続く予想です。

あさって以降の週間天気

明後日の木曜日からいよいよ雨の季節・6月がスタートします。6月に入ると前線や低気圧の影響を受けやすく、全国的に雲が広がりやすくなるでしょう。
北海道や東北は1日(木曜)から4日(日曜)にかけて雨の降りやすい天気が続きそうです。また、関東から近畿にかけても、1日(木曜)から2日(金曜)は傘の出番となる見込みです。また、1日(木曜)はこれまでの暑さは収まり、気温は平年並みに落ち着きそうです。日差しが弱い北海道や東北の気温は日ごとに下がり、4日(日曜)にかけてはヒンヤリする日もあるでしょう。九州や四国、中国地方は2日(金曜)から日差しが戻ってきます。3日(土曜)は東海、北陸、関東も晴れてくるでしょう。5日(月曜)は、ほぼ全国的に晴れる見込みです。
一方、梅雨入りしている沖縄は、31日(水曜)以降は雨の降る日が続くでしょう。6月に入ると梅雨前線の活動が活発となり、雨が強まる事もありそうです。これからは日々の天気予報はこまめに確認した方が良いでしょう。
さて、本州付近もそろそろ梅雨入りがいつなのか気になる頃ですね。梅雨入りの平年は、九州南部は31日、九州北部と四国は6月5日、中国・近畿は7日、東海や関東甲信は8日、北陸や東北南部は12日、東北北部は14日頃です。6月に入ると晴れの日は貴重だと言えます。週間予報で晴れの日をチェックして、お洗濯など日差しを有効に利用していきましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい