九州 6月~8月の天候 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 6月~8月の天候

tenki.jp

きょう(24日)、気象台から、九州地方の6月から8月にかけての3か月予報が発表されました。ことしも、梅雨は、特に末期の大雨に十分な警戒が必要、そして、梅雨明け後は夏空が広がる日が多く、猛暑となる見込みで、熱中症に十分注意する必要がありそうです。

九州、きょうは久しぶりの雨らしい雨

きょう(24日)の九州は、11日ぶりに雨らしい雨が降りました。カラカラに乾いた大地や植物にとっては貴重な恵みの雨となりました。九州の梅雨入りの平年日は、九州南部が5月31日ごろ、九州北部地方が6月5日ごろと、今年も雨の季節が近づいています。今年の梅雨の天候がどうなるのか、そろそろ気になるころですね。

梅雨末期の大雨に警戒!

きょう(24日)、気象台から、九州の6月から8月にかけての3か月予報が発表されました。
まず、6月は曇りや雨の日が多く、梅雨らしい天気の日が多くなりそうです。梅雨前線の活動が九州付近で活発になるにつれ、次第に激しい雨が降ることが増え、降水量は、北部でほぼ平年並み、南部は平年並みか平年より多くなる見込みです。
そして、7月に入ると、梅雨前線に向かって流れ込む湿った空気の影響で、九州は大気の状態が一段と不安定になります。7月前半の、いわゆる梅雨末期の大雨で、九州は過去にも大規模な災害が幾度となく発生しています。7月の降水量は、九州北部・南部とも平年並みか平年より多くなる見込みで、今年も大雨に十分な警戒が必要です。

今年の夏も猛暑日続出!?

そして、梅雨明け後は太平洋高気圧が勢力を強めます。7月後半から8月にかけては夏空が広がる日が多く、暑さが厳しくなりそうです。今年も35度以上の猛暑日が続出する可能性が高く、体調管理に十分注意する必要があります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい