大雨や落雷の恐れ 各地の警戒期間は 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大雨や落雷の恐れ 各地の警戒期間は

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

12日(金)から13日(土)にかけて、太平洋側を中心に局地的に滝のような雨が降る恐れがあり、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意・警戒が必要です。地方ごとの警戒期間をまとめました。

13日(土)にかけて激しい雨やカミナリに注意

きょう(12日)、九州には前線が近づき、すでに雨の降っている所があります。長崎県五島市の福江では、午前9時半までの1時間に、50ミリ以上の非常に激しい雨が観測されました。前線はこの後、本州の南岸沿いを東に進む見込みです。この前線に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込むため、雨雲やカミナリ雲が発達するでしょう。あす(13日)にかけて、九州から関東の太平洋側を中心に、局地的に降る非常に激しい雨やカミナリに注意・警戒が必要です。また、あす(13日)は、風も全国的にやや強く吹きそうです。

帰宅の時間帯に影響も

【九州・中国・四国】
九州はあす(13日)の未明にかけて、カミナリを伴い激しく降る所があるでしょう。きょう(12日)の帰宅の時間帯に、傘が役に立たないほどの滝のような雨が降る恐れもあります。夜にかけて暗い時間帯で視界も悪くなりますので、増水した川や急な斜面などには、むやみに近づかないようにしましょう。中国・四国は、あす朝も、カミナリを伴った非常に激しい雨の降る恐れがあり、交通機関に影響が出る可能性があります。
【近畿・東海】
日付が替わる頃から雨脚が強まるでしょう。あす(13日)の明け方から昼頃にかけては、カミナリを伴い非常に激しく降ることもありそうです。午前中のお出かけは、雨で見通しが悪くなる可能性もありますので、車の運転などに十分お気をつけ下さい。
【関東】
あす(13日)の昼頃から夕方にかけて、関東南部の沿岸部を中心に、激しい雨の所がありそうです。カミナリを伴うこともあるでしょう。急な強い雨や落雷、竜巻などの激しい突風、ひょうなどにも注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい