7日 GW最終日と連休明けの天気 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

7日 GW最終日と連休明けの天気

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
GW最終日と連休明けの天気

GW最終日と連休明けの天気

7日(日)連休最終日は晴れる所が多いですが、南から北まで広く黄砂に注意。連休明けの8日(月)は晴れて夏日続出ですが、9日(火)は西から天気下り坂で一気にヒンヤリする所も。

7日(日) 晴れるも黄砂に注意

6日(土)は中国地方(松江、広島、鳥取)で黄砂を観測(午後4時まで)。国内では今年初めての観測です。例年、黄砂は3月頃までに観測されることが多いですが、今年は1967年の統計開始以来、最も遅い観測となりました。連休最終日の7日(日)は、晴れる所が多いですが、九州から北海道にかけて広く黄砂が予想されています。洗濯物など、お気を付け下さい。(※7日は北海道の旭川など北部で一時雨。関東では夕方、茨城など沿岸部でにわか雨の可能性あり。沖縄は昼頃一時雨)

8日(月) 連休明けは晴れて夏日続出

連休明け8日(月)は、北海道から九州、沖縄にかけて晴れ!本州付近は南海上に中心をもつ高気圧に覆われる、いわゆる南高北低の気圧配置で、気温が上がるパターンです。全国のアメダスの約4割で最高気温が25度以上の夏日予想です。関東から西で夏日続出が続く見込みです。

9日(火)~10日(水) 雨でヒンヤリ

9日(火)は前線を伴った低気圧が西から近づきます。九州など西から天気は下り坂で、西日本では強い雨が降る恐れがあります。最新の気象情報をこまめにチェックお願いします。雨の範囲は次第に東へ移り、関東など東日本も9日(火)の午後は傘の出番となりそうです。また、連休中は夏日、真夏日続出で、北海道でも30度以上の真夏日になった所がありましたが、季節外れの暑さは収まります。特に、9日(火)は東海から西では平年より低く、8日(月)と9日(火)の最高気温は5度以上低くなる所が多くなる予想です。気温が5度違うと服装1枚分違いますので体調管理にご注意下さい。連休明け9日(火)~10(水)は、雨の降り方と服装選びに注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい