6日午後から黄砂飛来 7日にかけ注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

6日午後から黄砂飛来 7日にかけ注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
黄砂に注意(5月6日)

黄砂に注意(5月6日)

6日の午後には山陰や山陽に早くも黄砂飛来、7日には全国の広範囲に。場所によっては視程5キロ未満に。

視程5キロ未満の所も

きょう(6日:土曜)の午後には早くも山陰や山陽などには黄砂が飛来。その後、あす(7日:日曜)にかけて全国の広い範囲に飛来するでしょう。場所によっては視程(水平方向で見通しの効く距離)が5キロ未満になる恐れがあります。GWのUターンで故郷や行楽地から車を運転する方は、見通しが悪くなることもあるため、十分ご注意下さい。また、黄砂が外に干している洗濯物に付着する可能性もありますのでお気を付け下さい。
【きょう(6日:土曜)のポイント】
雨の降る所では、短い時間の雨とはいえ、ザッと強く降ったり、ピューッと風が強く吹いたりする。
北海道や東北、北陸では、季節外れの暑さは収まる。
関東周辺では、梅雨時のようなムシムシした空気。
【きょう(6日:土曜)の天気】
沖縄は雨が降り、カミナリを伴う所があるでしょう。九州の雨は昼頃までで、次第に回復する見込みです。中国、四国は昼過ぎまで雨の残る所があるでしょう。落雷にご注意下さい。近畿、東海は昼過ぎから夕方にかけて雨が降り、局地的にカミナリを伴い雨脚が強まる見込みです。北陸や信越は昼過ぎにかけて雨や雷雨でしょう。関東は昼過ぎにかけて日差しがありますが、夕方以降は所々に雨雲がかかる見込みです。東北や北海道は昼頃まで雨が降りやすいですが、次第に晴れてくるでしょう。
【きょう(6日:土曜)の最高気温】
沖縄は28度前後でしょう。九州から東海は25度前後の予想です。関東は27度前後で、東京は7月上旬並みの28度まで上がるでしょう。湿度が高く、ムシムシと感じられそうです。北陸、信越、東北、北海道は20度前後で過ごしやすいでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい