GWの天気 連休初日は大気不安定 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

GWの天気 連休初日は大気不安定

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

いよいよあす(29日)から大型連休スタート。今年は長い方で9連休ですね。連休初日は大気の状態が不安定で、急な強い雨や落雷に注意が必要です。

連休初日は急な雨や落雷などに注意

29日は、上空5500メートル付近にこの時期としては強い寒気が流れ込んで、大気の状態が不安定になりそうです。気圧の谷も通過することから、晴れていても、急な雨や落雷、竜巻などの突風、ひょうに注意が必要です。急に空が暗くなる、雷の鳴る音が聞こえたり稲妻が光っているのが見える、急に風向きが変わって風が冷たくなるなどといった状況は、発達した積乱雲が近づくサインです。特に屋外でのレジャーを楽しまれる予定のある方は、空模様の変化に十分ご注意下さい。
【連休初日 各地の天気】
北陸から北の日本海側は、朝から雨が降りやすいでしょう。午後は太平洋側に雨域が移り、北海道や東北は夕方にかけて雨となりそうです。
関東・東海・近畿は日差しが届きますが、西から雨雲が近づいて、昼頃から所々で雨が降り、カミナリを伴うこともあるでしょう。短い時間にザッと降る雨や、落雷、竜巻などの突風、ひょうにご注意下さい。
中国と四国も、夕方にかけて急な雨や雷雨に注意が必要です。ただ、長く降り続くようなことはなさそうです。
九州と沖縄は、寒気の影響はあまり受けず、日中は日差しがたっぷりと届くでしょう。行楽日和の連休初日となりそうです。
日中の気温は、各地とも平年並みで、過ごしやすいでしょう。

30日以降、傘の出番は?

30日は、低気圧が近づく北海道で雨が降りやすいでしょう。1日は、上空に寒気を伴った気圧の谷が通過するため、大気の状態が不安定になりそうです。北海道や東北、それに北陸、関東は、一時的に雨が降り、雷を伴って雨脚が強まることもあるでしょう。沖縄は、湿った空気が流れ込んで、連休中盤は天気が崩れる見込みです。
気温は、平年並みか高くなり、連休後半は汗ばむ陽気の所もありそうです。下のリンクで最新の予報をご覧いただき、連休中のお出かけの参考になさって下さいね。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい