今年の梅雨どうなる? 3か月予報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今年の梅雨どうなる? 3か月予報

tenki.jp

今年の梅雨は?夏の天候はどうなるでしょうか?最新の3か月予報をもとに、向こう3か月(5月~7月)の天候をまとめました。

【5月】初夏の陽気

・天気は沖縄・奄美では例年より早めに長雨の季節に突入する可能性があります。九州から関東は晴れる日が多く、梅雨入りを前にカラッとした陽気を満喫できそうです。東北と北海道は低気圧の影響を受けて、天気は数日の周期で変わるでしょう。
・気温は沖縄・奄美や九州から近畿は平年並みか高く、汗ばむような陽気の日が増えてくるでしょう。例年以上に半袖の出番が増えそうです。東海や北陸、関東、東北、北海道は平年並みでしょう。清々しい初夏の陽気を楽しめる日が多くなりそうです。

【6月】続々と長雨の季節に

・天気は沖縄・奄美はぐずついた天気の日が多い見込みです。九州から関東は6月に入ると、次第に長雨の季節に突入するでしょう。特に、沖縄・奄美や九州南部、四国には南から湿った空気が流れ込みやすいため、平年より雨量が多くなる予想です。北陸や東北は6月半ば頃から梅雨空の日が多くなるでしょう。梅雨のない北海道は高気圧と低気圧が交互に通り、天気は数日の周期で変わりそうです。
・気温は沖縄・奄美は平年並みですが、晴れ間のでる日はグッと暑くなるでしょう。九州から北海道は平年並みか高い見込みです。梅雨入りしている地域では蒸し暑い日が多くなりそうです。食べ物の管理などに注意が必要です。

【7月】梅雨末期の大雨に注意

・天気は沖縄・奄美は太平洋高気圧に覆われて、夏空の広がる日が多いでしょう。九州から関東は7月前半は梅雨空の日が多い見込みです。南から暖かく湿った空気が流れ込みやすく、雨量は平年並みか多い予想です。例年、梅雨の末期は度々大雨に見舞われますが、今年は例年以上に大雨への災害が懸念されます。大雨が予想される場合は早めの対策を心がけて下さい。7月後半になると、次第に梅雨前線は北上し、夏空が広がりそうです。北陸と東北は7月後半も曇りや雨の梅雨空の日が多いでしょう。北海道は高気圧と低気圧が交互に通り、平年同様に天気は数日の周期で変わりそうです。
・気温は沖縄・奄美、東北、北海道は平年より高くなる可能性があります。九州から関東は平年並みの予想ですが、曇りや雨の日はそれほど暑さはなくても、晴れた日には厳しい暑さになる所もありそうです。急に暑くなるような日は熱中症の危険性が高まりますので、いっそう注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい