関東 GW前半 降水確率がやや高め 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 GW前半 降水確率がやや高め

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

関東地方のゴールデンウィーク前半の天気は、晴れる日が多いものの、降水確率がやや高めです。日差しが届いていても、お出かけの際は傘が必要になる可能性があります。極端に暑くなったり寒くなったりすることはないでしょう。

週末のお出かけは傘が必要?

ゴールデンウィークは近場で楽しむ、という方も多いことでしょう。関東甲信地方は、今週半ばに雨が降りますが、週末は日差しの届く所が多くなりそうです。ただ、今のところ29日(土)は、上空の寒気や気圧の谷の影響で、にわか雨の可能性があります。降水確率は30%から40%とやや高くなっており、広範囲ではなくても傘が必要な所がでてくるかもしれません。
30日(日)は高気圧に覆われて晴れる所が多い見込み。気温は内陸部を中心に25度近くまで上がり、昼間は半袖の陽気です。極端な暑さはないものの、日差しの下でのレジャーは汗をかきそうです。水分補給を忘れないようにしましょう。また、紫外線が強まっており、ゴールデンウィークのレジャーに日焼け止めは欠かせません。車で移動する方は、窓からの紫外線にも注意しましょう。

5月の天気は?

1日(月)は湿った空気が流れ込みやすくなり、雲が広がりやすくなる予想です。降水確率もやや高くなっています。2日(火)は広い範囲に雨マーク。お出かけには傘が必要でしょう。3日(水)も晴れですが、降水確率がやや高い所も。まだ、先の予報ですので、変わる可能性もありますが、天気予報は天気マークだけでなく、降水確率もしっかりチェックしましょう。
なお、曇りや雨でも、急に寒くなるようなことはなさそうです。また、先週末は朝晩ヒンヤリしましたが、この先は朝の最低気温も平年並みで経過する見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい