週間天気 季節が一歩前進する 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 季節が一歩前進する

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

あす(12日)は、晴れる所が多くなりますが、北陸以北の日本海側は雨か雪の所がありそうです。13日~14日は日本海側も含めて晴れる所が多く、春本番の陽気になるでしょう。15日~16日は初夏の陽気になる所もありそうです。

あすの天気

あす(12日の水曜日)は、西高東低の気圧配置になり、北日本や北陸付近に寒気が流れ込む見込みです。北海道の日本海側は昼過ぎまで、東北の日本海側と北陸も午前中は雨や雪の降る所があるでしょう。北海道と東北の太平洋側は、午前中は雨か雪の降る所がありますが、天気は回復に向かい、次第に晴れてくる見込みです。関東から九州、沖縄は朝から晴れる所が多く、日差しがたっぷりでしょう。ただ、天気は回復しても、北よりの風がやや強く吹く見込みです。北日本と北陸は冷たい空気に覆われるため、きょう(11日)より寒くなる所があるでしょう。
最高気温は、沖縄や九州から関東にかけては15度~20度くらいの予想です。関東は冬の寒さから一転、春らしい気温に戻る見込みです。寒気の影響を受けやすい、北陸や東北、北海道は、きょう(11日)より気温が低くなる所もあるでしょう。冷たい北風が強めに吹いて、実際の気温よりも寒く感じられそうです。

あさって以降の週間天気

13日(木曜日)は寒気の影響で、北陸から北の日本海側は雨や雪が残り、平年を下回る寒さの所もありますが、14日(金曜日)は高気圧に覆われて、ほぼ全国的に晴れるでしょう。東北南部から西では最高気温が20度を超える所が多くなり、北海道も春の暖かな陽気になる見込みです。
15日(土曜日)は高気圧が遠ざかり、西から気圧の谷が近づく見込みです。日本列島は西から雲が多くなり、沖縄や九州、四国では雨の降り出す所があるでしょう。16日(日曜日)は雲が広がりやすいですが、全国的に気温は高めで、関東以西は初夏を思わせる陽気になりそうです。東北や北海道も一段と暖かくなり、季節はこれまでよりも大きく前進しそうです。そして、桜前線は東北を北上中です。今週後半の暖かさで桜も咲き進むでしょう。
次に全国的に雨が降るのは18日火曜日頃になりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい