近畿地方の桜、一気に満開に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

近畿地方の桜、一気に満開に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
姫路城とサクラ(2017年4月10日) 撮影:日本気象協会関西支社 櫻井雪彦

姫路城とサクラ(2017年4月10日) 撮影:日本気象協会関西支社 櫻井雪彦

姫路城とサクラ(2017年4月8日) 撮影:日本気象協会関西支社 渡辺かおる

姫路城とサクラ(2017年4月8日) 撮影:日本気象協会関西支社 渡辺かおる

近畿地方では、週末はお花見にはあいにくの空模様でしたが、気温が高く、ソメイヨシノの花は一気に開き、満開となりました。気になる今後の天気はどうでしょうか?

桜満開の便り、続々と

下の画像は8日土曜日の姫路城の様子です。姫路城では土曜日に満開となりました。この日は姫路城観桜会も行われ、たくさんの花見客で賑わっていました。
週末は時折雨が降る、お花見にはあいにくの空模様。ただ気温は高く、ソメイヨシノの開花は一気に進みました。
9日は彦根、そして10日は神戸から、ソメイヨシノ満開の便りが届きました。これで、近畿地方でソメイヨシノの開花・満開を観測しているすべての地点から満開の便りが届きました。彦根では5月上旬並みの陽気になった日もあり、開花から満開まで4日しかかかりませんでした。

造幣局の通り抜け、11日から開催

大阪では、11日から造幣局の桜の通り抜けが始まります。17日までの7日間です。
桜の名所、大川に沿うようにある造幣局。今年は開催がソメイヨシノの開花時期と重なり、大川沿いのソメイヨシノの並木道と、造幣局の桜が同じ時季に楽しめそうです。ただ、造幣局の桜は遅咲きの八重桜が中心のため、行かれるなら期間の後半のほうが、よりたくさんの種類の桜が咲いているかと思います。

気になる今後の天気予報

11日は全般に雨が降り、本降りの雨となる時間もあるでしょう。太平洋側では風も強まり、花散らしの雨となる所もある見込みです。水曜日は、太平洋側では天気は回復へ向かいますが、日本海側は寒気の影響で雨のぱらつく所があるでしょう。木曜日と金曜日は全般に晴れて、春の陽気が戻ってきそうです。土曜日と日曜日は雲が多いものの、5月上旬並みの暖かさになる日もあるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい