北海道 9日連続真冬日なし 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 9日連続真冬日なし

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

今日(9日)の北海道は各地で平年並みの気温となり、午後3時までの最高気温は十勝地方の本別で12.3℃など、2ケタの所もありました。また、最も気温の低かった根室市納沙布や釧路地方の阿寒湖畔でも3.1℃まで上がっており、真冬日の地点は今日もありませんでした。
前回真冬日の地点が出たのが3月31日(網走で最高気温-1.8℃など)と、北海道では今月に入ってから9日連続で真冬日の地点なく経過しています。

4月上旬真冬日なしなら約10年に1度

北海道では4月に入り一気に気温が上がり、6日(木)には帯広で22.6℃まで上がるなど、初夏を思わせる陽気となりました。
今日(9日)の最高気温は、午後3時までで最も高い十勝地方の本別で12.3℃、最も上がらなかった根室市納沙布や釧路地方の阿寒湖畔でも3.1℃と全地点がプラスの最高気温となり、9日連続で真冬日の地点がありませんでした。
道内のアメダス観測網が整備された1978年以降で見ると、4月上旬で真冬日の地点が一度も出なかったのは過去4回しかなく、約10年に1度の珍しい記録です。

今年はもう真冬日なしか

今年も明日(10日)の予想最高気温を見ると、道東方面でやや低めの気温ではありますが、最も低い予想最高気温の地点でも斜里町で2℃と各地プラスとなりそうで、4月上旬は全て真冬日なしとなりそうです。
4月上旬に真冬日のなかった過去4年のデータを見ると、全ての年で4月中旬以降も一度も真冬日になっておらず、3月の真冬日がシーズン最後となっています。過去の傾向から見ると、今年もそうなる可能性が高いと言えます。
3月は下旬に太平洋側や札幌周辺での大雪もあり、なかなか冬が終わらなかった北海道ですが、4月に入って急速に春本番へ向かいそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい