週間天気 週末までは傘の出番が多い 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 週末までは傘の出番が多い

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
週間予報

週間予報

あす(6日)は、九州や中国、四国地方は日中雨で、近畿から北海道も夕方以降は雨になる所が多いでしょう。帰り路は傘が必要になりそうです。気温は高めの状態が続き、関東や北陸、北日本は5月並みの所もあるでしょう。

あすの天気

あす(6日木曜日)は低気圧が日本海を北東に進むため、南から湿った空気が流れ込みやすい状態が続く見込みです。
沖縄は昼過ぎまで晴れ間も出ますが、雲が多くなるでしょう。九州は朝から雨が降ったり止んだりで、夜になると九州北部は雷を伴い激しく降る所がありそうです。短い時間に降る強い雨や落雷、突風にご注意下さい。四国や中国地方は昼前後から雨が降りだすでしょう。近畿から北海道にかけては、初めは晴れる所もありますが、次第に雲が多くなり、夕方以降は雨の降り出す所がありそうです。あすの外出には傘を持つと安心です。また、全国的に沿岸部を中心に南よりの風が強まるでしょう。車を運転される方はハンドルを取られることもありますのでご注意下さい。
6日も南風の影響を受けるため、日差しが少ない所も気温は高めの状態が続くでしょう。朝の冷え込みが弱いため、日中の最高気温はきょうと同じぐらいまで上がる予想です。那覇は25度、鹿児島21度、福岡20度、高知と広島は18度、大阪21度、名古屋18度、東京20度、金沢22度、仙台17度、札幌16度と、北陸や北日本は5月並みの陽気が続く予想です。積雪の多い傾斜地は雪崩が発生しやすいのでご注意下さい。

あさって以降の週間天気

7日(金曜日)は、北日本を気圧の谷が通過し、また、山陰沖に前線が延びてくる見込みです。本州付近には南から湿った空気の流れ込みやすい状態が続くでしょう。雨の降る所が多いですが、関東から北は次第に晴れ間が戻ってくる見込みです。気温の高い状態が続きますが、北海道付近には冷たい空気が流れ込んでくるでしょう。北海道は気温の変化に注意が必要です。
8日(土曜日)も、本州付近を気圧の谷が通過するでしょう。九州や四国、中国地方は曇りや雨の所が多いですが、近畿から北では雲が多めながらも日差しが期待できそうです。南風に加えて、日差しが後押しするため、日中の最高気温は20度を超える所が多く、西日本では25度くらいまで上がる所があるでしょう。一方、北海道は10度前後で寒さが戻る見込みです。
9日(日曜日)も気圧の谷に入った状態が続きます。全国的に雲に覆われ、広い範囲で雨になるでしょう。風が北や西よりに変わるため、気温は前日より低く、平年並みに戻る所が多い予想です。
10日(月曜日)からは天気の回復する所が多いでしょう。雲が多めながらも、日差しの戻ってくる所が多くなりそうです。北海道や東北北部はヒンヤリしますが、その他はこの時期らしい気温で、比較的過ごしやすいでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい